7つの中核主題に対する取り組み 7つの中核主題に対する取り組み

富士製薬工業の取り組み

1.組織統治

ガバナンス体制の構築による経営基盤の強化

当社はこれまで、人々の痛みや障害の改善・克服に役立つ医薬品の開発、製造、販売を通して医療、そして社会に貢献すべく事業を展開してまいりました。医薬品の製造・販売という人の生命に直接関与する事業を営む企業として、関連法規等の遵守を重視した経営及びこれを実践するためのコーポレート・ガバナンス体制の強化を続けてまいります。
「優れた医薬品を通じて、人々の健やかな生活に貢献する」、「富士製薬工業の成長は私たちの成長に正比例する」との経営理念の下に、良質な医薬品の開発、製造、販売を通じて、株主をはじめ従業員、医療関係者などの当社を取り巻くステークホルダーに対する責任を果たし、透明性・自律性を確保した迅速かつ柔軟な意思決定を通じて、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ってまいります。

コーポレート・ガバナンス体制

当社は、監査役会設置会社として取締役会および監査役会を設置しております。また、指名・報酬委員会を諮問機関として設立するなど、企業価値向上を目的とした透明かつ公正なガバナンス体制の構築に積極的に取り組んでおります。
コーポレート・ガバナンスの詳細についてはこちらをご覧ください。

コーポレート・ガバナンス

リスクマネジメント

当社は、事業活動にマイナスの影響を及ぼす可能性のある事象を事前に識別・分析・評価するため、「全社リスク管理規程」を制定しております。リスク管理委員会を設置し、事業継続マネジメント体制の整備、問題の把握に当たっており、事業継続計画(BCP)の策定から導入・運用・見直しを継続的に行い、包括的・統合的な事業継続のためのマネジメントを目指します。

コンプライアンス

当社では社員一人ひとりが、常に高い倫理感を持って行動するため、「コンプライアンスに関する行動規範」のもと、「コンプライアンスに関する行動基準」を制定しております。コンプライアンス委員会を設置し、「コンプライアンス管理規程」の順守のため、全役職員へのコンプライアンス意識の啓発、浸透を図っております。

内部通報制度

職場内でのコンプライアンス違反または恐れがある行為について、相談・通報の窓口を社内外に設置しております。
事業活動や職場で発生した組織的または個人による法令等の違反、不正、倫理に悖る行為などについて、全従業員が窓口を通じて相談・通報できる制度です。
コンプライアンス委員会では、内部通報体制の実効性見直しと改善を行い、制度の実効性の向上に努めています。

関係会社管理体制

当社は、当社と関係会社が相互に密接な連携のもと、グループとしての総合的な事業の発展を可能とすることを目的として、「関係会社管理規程」を制定しております。本規程のもと、関係会社の適切な管理体制の構築・実践を行い、関連会社のガバナンスの実効性を向上します。

情報セキュリティ

当社は多くのデータを取り扱う製薬会社として、情報漏洩事象の発生を防ぐべく「情報セキュリティ基本方針」を制定し、法令を遵守し、業務で取り扱うすべての情報に関して、重要性とリスクに応じた適切な管理を行っております。

2.人権の尊重

当社グループ内のみならず原薬納入元・顧客などの取引先をはじめとした、当社に係る全ての人々との関係において、他者の人権・人格・個性を尊重し、不当な差別やいやがらせを許さない環境を構築します。とりわけ、役職員の多様性を重視し、ダイバーシティ実現に向けた会社の方針を見える化や人権尊重について研修を実施するなど、あらゆる差別のない社会・職場の実現に向けて、お互いを尊重し合える職場づくりを推進しています。

ハラスメントの防止

職場におけるハラスメント(セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント等)を防止・排除を徹底し、従業員の働きやすいよりよい職場を築くため、社員教育による意識付けや、必要な配慮を行っています。

労使関係

労使間、部門間、世代間に生じる課題に「中立な立場」で問題解決に向け検討するための組織として、「ODC(Organization Development Committee)委員会」を設置しております。同委員会で議論を行うことにより、組織の活性化や健全で良好な労使関係を維持・推進しています。

3.労働慣行

経営理念のもと、社員がより活躍できる機会や場を創り続けることを、経営陣や管理職の重要な仕事と位置づけています。人財育成、女性の活躍推進、健康経営への取り組みを推進し、安全や衛生に配慮した職場環境の醸成に努めます。

人財育成

当社では、幅広い知識や視野をもった人材を育成するためCDP(キャリア・ディベロップメント・プラン)という制度を導入しております。同制度においては、社員一人ひとりが自分の将来(キャリア)に対する目標を明確なものとし、それを会社・上司と共有をすることによって、社員個人の成長を支えます。また、幅広い視野と経験を積むためジョブローテーションを実施し、異動機会の提供をしております。研修制度としては、階層別研修プログラム、e-Learningによる自己啓発やキャリア開発支援、コンプライアンス研修等を定期的に実施しています。当社は経営理念の1つに『富士製薬工業の成長はわたしたちの成長に正比例する』と掲げており、人を大切にする経営を重視しています。人財育成を進めるため専任の人材開発課を設置しており、引き続き人財育成に注力してまいります。

女性活躍の推進

当社では、女性が働きやすい職場環境を目指し、ライフイベント、キャリアプランに合わせた働き方をサポートします。また、女性が管理職として活躍できる職場環境や就労形態を整備し、企業力の強化を目指します。
直近年度の採用における男女の人数の割合、男女の平均勤続年数等に大きな差はみられませんが、引き続き子育てや介護と仕事の両立支援を促進する制度・職場風土の醸成に取り組み、女性活躍推進に努めてまいります。

健康経営への取り組み

健康経営宣言

富士製薬工業は、"優れた医薬品を通じて、人々の健やかな生活に貢献する"こと、また、"富士製薬工業の成長は私たちの成長に正比例する"ことを経営理念として掲げています。この経営理念を実現するためには、社員の一人ひとりが心身ともに健康で、安全や衛生に配慮した職場で、イキイキと仕事に取組むことができる就業環境をつくることが欠かせません。
当社は、1965年の会社設立以来、社員の健康保持・増進、安全な職場環境づくりに取り組んできました。具体的には、定期健診受診率の向上、受動喫煙防止対策、時間外勤務の削減、有給休暇取得推進、メンタルヘルスケアと職場環境改善などがあげられますが、中長期的な視点で計画的、継続的に検討するため、"富士製薬工業2030年ビジョン実現に向けた中期経営計画"には、社員一人ひとりの成長と貢献を支える基盤として、新たに「健康経営」を掲げています。
また、経済産業省では、社員の健康保持・増進の取り組みが医療費の適正化や生産性の向上、さらに、企業価値の向上等に繋がることであり、健康管理を経営的視点から戦略的に実践する「健康経営」の実施が重要としています。
以上の背景から、人を大切にする経営こそ当社の原点であるという認識のもと、以下の「健康経営基本方針」に沿い、「健康経営」を推進していくことをここに宣言します。

2020年10月1日

健康経営基本方針
  1. 富士製薬工業は社員と家族の健康保持・増進施策を積極的に推進するとともに、社員が安全や衛生に配慮した職場で、イキイキと仕事に取り組むことができる就業環境づくりを目指します。
  2. 社員は健康の重要性を自覚し、自身と家族の健康保持・増進に取り組みます。
  3. 健康経営に計画的に継続的に取り組むため、会社トップの積極的関与のもと、健康経営推進委員会を組織し、施策の立案・実行・検証を行います。
《健康経営推進体制》

図



安全運転宣言

安全運転、交通事故削減の意識向上の一環として、全社用車のドライバーが安全運転宣言へ署名し、対策を遵守する取り組みを行っております。また、月次で安全運転推進会議を実施し、交通安全教育の実施や、各支店・グループ毎に交通事故・交通違反への取り組み報告、安全性についての課題の共有・改善策の実施によって、交通安全の徹底に努めます。

4.環境

当社は、省エネルギー法、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、PRTR法及び自治体との協定(自主管理基準)による環境負荷物質の排出基準を遵守しております。また、当社が定めるコンプライアンス行動規範において、環境に対する基本的な心構えとして「地球環境が悪化していることを意識し、社員一人ひとりが環境負荷の削減・低減に向けての取り組みをしっかり考え、実践すること」を掲げ、開発の段階から環境負荷の削減に向けて何をすべきかを考えて取り組んでおります。また、各部門の代表から成る省エネルギー推進委員会を設置し、電気、ガス等のエネルギー使用量のモニタリング、及び、削減のための施策の策定や、最もエネルギーを消費する富山工場を中心に各支店や営業所を含んだ全社員への省エネ活動への啓発・推進を行っております。

5.公正な事業慣行

薬機法1をはじめとする関連法規を遵守するとともに、人間として、社会人としての良識をもって誠実に行動し、法令にもとづく公正な企業活動を行います。

知的財産

自社の知的財産権のみならず、第三者の知的財産権を侵害することのないよう、社内教育を行い管理・監督を徹底します。職務発明規程のもと、知的財産権の重要性を認識し、研究・開発の成果の権利化に努めます。

不公正な取引等の禁止

医療機関、競合会社、販売先及び仕入れ先との関係において、独占禁止法2、不正競争防止法、景品表示法、下請法等の法令の遵守のほか、医薬品業界に特別の業界規制である、公正競争規約(医療用医薬品製造販売業公正取引協議会)、製薬協コードオブプラクティス(日本製薬工業協会)等の自主基準を遵守し、公正な企業活動を行います。
また、医療関係者・医療機関・患者団体などへの資金提供について透明性を確保し、社会に対する説明責任を果たすべく透明性ガイドライン(日本製薬工業協会)に基づいた情報公開も行います。

臨床試験に関して

臨床試験を行うにあたってGCP省令3、臨床研究法等の法令の遵守を徹底します。

動物実験に関して

医薬品の研究・開発において動物を用いた実験を行うときは動物の使用を必要最低限にとどめるとともに、できるだけ苦痛を与えることがないよう努め、動物実験委員会が適切に管理を行います。

反社会的勢力排除に向けた体制

当社は、社会の秩序や健全な事業活動に脅威を与える反社会的勢力・団体とのいかなる関係も排除し、不当な要求に対しては毅然たる対応をします。
警察などの外部機関や関連団体との連携に努めるとともに、反社会的勢力への対応に関する社内規程を定めているほか、総務担当部署に「不当要求防止」の窓口を設置し、反社会的勢力の排除のための体制を整備しています。

個人情報保護

当社は個人情報(特定個人情報を含む)保護の重要性を深く認識し、個人情報保護に関する法令、規範を遵守するとともに、個人情報保護に関する社内規程及びプライバシーポリシーを定め、個人情報保護の推進、個人情報漏洩防止等、個人情報保護のためのコンプライアンス体制を的確に構築・運営しております。
また、個人情報の適正取得、利用目的の通知・公表、目的外利用禁止、安全管理措置、従業員等への教育、第三者提供制限、保有個人データの開示等の求めに応じる手続きの整備・運営など、会社として個人情報の取り扱いに必要かつ適正な措置を講じております。

1 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」の略称

2 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律

3 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令

6.消費者課題

当社の製品の適切な情報提供を行うと共に、高品質で安全な製剤の製造・供給に取り組んでいます。

研究開発

ジェネリック医薬品中心のラインナップから、新薬、抗体薬、バイオシミラーへのシフトに注力しております。当社の強味である女性医療領域を伸ばし、主に海外の製薬会社から導入をした新薬の開発にも力を入れ、医療現場でどのような医薬品が求められているのかを追求し、高品質で高付加価値な優れた医薬品を生み出していきます。
人々の健康、福祉及び医療に貢献し、患者さん及び医療関係者の皆さまの利便性を高めた、良質な医薬品の研究・開発に向けて引き続き積極的に取り組んでまいります。

情報提供活動

医療機関等に対する医薬情報活動(情報の提供・伝達・収集)にあたり、医薬品業界に特別の業界規制である、コード・オブ・プラクティス(日本製薬工業協会)、公正競争規約(医療用医薬品製造販売業公正取引協議会)などを遵守し、公正で透明な情報活動を実施します。
当社の情報提供活動を担うMR(Medical Representative)は継続的な研修プログラムの実施により、医薬情報活動に必要な医学的・薬学的知識を習得し、法令等の定めに従い、患者さんや一般生活者の健康の改善・向上の為、医薬品に関する適切な情報を製造販売承認を受けた範囲内で自社製品の情報を医療関係者に提供します。

安定供給

当社では富山工場と連結子会社であるタイのOLIC社との2拠点を供給の要所として製品の製造を行っております。
自社製品が人々の健康、及び、生命にかかわる製品であることを自覚し、適時・適切に安定供給を行います。安定供給体制の確実な確保のため安定供給委員会を設置し、全社横断的に適切な在庫管理、運用を行っています。
海外の製造所で製造された製品の輸入にあたっては薬機法、関税法等を遵守した輸入手続きを行い、安定供給に努めます。

女性のwell-beingの向上

当社では2030年ビジョンの「ありたい姿」の1つに「世界の女性のwell-being4の向上に貢献している」ことを掲げ、世界中の女性が身体的・精神的・社会的にも、すべてが満たされた状態に向けて、当社が積極的に貢献することを目指しています。
当社はこれまで、重要な戦略領域の1つとして、女性のライフステージごとの疾患に対する様々な医薬品の提供をしてまいりました。今後は、医薬品の提供だけではなく、昨今の働き方の多様化・ライフスタイルの変化の中で、女性がライフプランを主体的に選択し、自身の体のしくみや女性特有の疾患について正しい情報を得たうえで、医療機関への相談や女性特有の症状への対処ができるよう、ヘルスリテラシーを向上させることも女性医療に携わる当社の使命であると考えています。2018年7月には女性の健康支援を目的としたスマートフォン向けアプリ「LiLuLa(リルラ)」の配信を開始するなど、実際に展開も行っています。(詳細は下記、7.コミュニティへの参画で記載します。)

生産・信頼性保証

医薬品の製造にあたっては、市場に供給した医薬品の品質、安全性、有効性を厳しく監視し、医薬品の使用に伴うリスクを最小化するよう努めています。GMP省令5、GQP省令6の遵守を徹底するほか、厳しい社内基準を設け、承認された製造方法に従って製品の製造を行います。また、原材料・中間体・最終製品の各品質試験を適切に行い、品質・有効性・安全性を監視しリスクの最小化に努めています。
また、当社では、医薬品がより適正に、かつ、安全に使用されるよう、医療関係者に対して、適正使用情報の提供も速やかに行っています。

4 WHO(世界保健機関)憲章において健康を定義づける記述として用いられている言葉。健康は病気ではない、弱っていないということだけではなく、身体的、精神的、社会的にすべて満たされた良好な状態にあること、という意味である。

5 医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令

6 医薬品、医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品の品質管理の基準に関する省令

7.コミュニティへの参画

すべてのステークホルダーとのコミュニケーションを積極的に推進し、各コミュニティへの幅広い貢献を目指します。
富山を中心とする地域コミュニティに積極的に関与し、地域と共に成長し続けられる企業となるよう様々な社会貢献活動に取り組んでいます。

女性の健康支援

当社はこれまで培ってきた女性医療分野での経験を生かし、女性がより健康で、より活躍する社会を目指し、女性の生涯に寄り添い、支援する取り組みを行っております。女性のライフサイクルごとの体の変化や疾患についての正しい情報を発信し、女性のQOLの向上を支援しています。

●「LiLuLa(リルラ)」を通じた女性の健康に関する啓発活動

思春期から更年期まで幅広い女性の健康支援を目的として「LiLuLa(リルラ)」をスマートフォン版アプリ、ウェブ版共に配信しております。「LiLuLa」では、生理日など各種データを管理できる機能(アプリ版のみ)のほか、女性にとって大切な生理やそれに関連したテーマ(月経・避妊・不妊・婦人科検診・更年期など)についての情報を提供しております。本アプリの内容は産婦人科領域でご活躍をされている多くの医師に監修をいただいているほか、産婦人科領域の専門家として全国でご活躍中の多くの医療従事者にもご参加いただいており、正しい知識を得られるサービスになっています。

地域スポーツ・女性アスリート支援

●富山グラウジーズスポンサーシップ

富山県富山市に工場・研究開発センターを構える企業として、地域スポーツ文化の活性化に貢献すべく、富山市をホームタウンとして地域に密着した運営を行っているプロバスケットボールチーム「富山グラウジーズ」とオフィシャルウェアパートナー契約を締結7しています。


7 2017年(2016-2017シーズン)から

●女性アスリート健康支援

アスリートが最高のパフォーマンスを生み出すためには、体調管理が重要となってきます。
女性アスリートの健康保持、競技力向上の為、女性特有の周期管理についての正しい知識や、ホルモンバランスの変化による体への影響について、スポーツチームへの講演等の啓蒙活動など、女性アスリートの健康支援を行っています。

企業訪問

当社では、インターンシップや学生の企業訪問、工場見学を受け入れており、今後も積極的に受け入れていきたいと考えています。