富士製薬工業TOP > 新着情報 > 子宮内膜症に伴う月経困難症治療剤「ルナベル配合錠」製造販売承認取得のお知らせ

新着情報

子宮内膜症に伴う月経困難症治療剤「ルナベル配合錠」製造販売承認取得のお知らせ

富士製薬工業株式会社(社長:今井博文)はノーベルファーマ株式会社(社長:塩村仁)と平成19年7月26日に子宮内膜症に伴う月経困難症治療剤「ルナベル配合錠」の販売に関する契約を締結済みですが、本日、ノーベルファーマ株式会社が「ルナベル配合錠」の製造販売承認を取得いたしましたので、お知らせいたします。
「ルナベル配合錠」は、国内において初めて「子宮内膜症に伴う月経困難症」の適応を取得した「治療用低用量ピル」です。海外では「子宮内膜症に伴う月経困難症」に対する第一選択薬として、低用量ピル製剤が広く認知され、使用されていますが、これまで、国内では本適応症が認められていませんでした。今回の承認により子宮内膜症治療に新たな選択肢が増え、当社と致しましても「ルナベル配合錠」の販売を通じて患者様のQOL向上にも貢献できるものと考えております。

以上

【ご参考】

販 売 名 :ルナベル® 配合錠
効能・効果 :子宮内膜症に伴う月経困難症
成分・含量 :1錠中
 ノルエチステロン1mg及びエチニルエストラジオール0.035mg含有
製造販売承認日 :平成20年4月16日
製造販売元 :ノーベルファーマ株式会社
販 売 元 :富士製薬工業株式会社
新着情報の一覧へ