富士製薬工業TOP > 業務内容 > 研究開発本部

研究開発本部

部署のキャッチフレーズ

わくわくしながらやりたいことを実現する。

業務内容

注射剤・女性医療を中心としたジェネリック医薬品、バイオ後続品、DDS注射剤、新剤型医薬品の開発を行っています。研究開発本部は東京の開発グループ、富山の研究グループの2グループ体制となっています。開発グループは開発候補品の調査から提案といった企画機能、臨床試験を実施する臨床機能を有しています。一方、研究グループは製剤設計、品質試験の立案・実施、薬事手続きといった医薬品の製造・品質、薬事に関する機能を有しています。

わたしたちの部署の使命

高品質で安価な医薬品、医療現場で必要とされている医薬品を開発し、提供することが私たち研究開発の使命です。また、中期経営計画である「Good to Great」を実現するため、これまではジェネリック医薬品中心の研究開発体制でしたが、今後はバイオ後続品、新しい剤型などさまざまな医薬品の研究開発ができる体制へと変化させ、医療現場への貢献度を上げていく必要があると考えています。

部署の魅力・PRポイント

困難に立ち向かう姿勢がある。やる気さえあれば自己実現の機会がある。

いつも心掛けていること

最後まであきらめない。とことん追求する。

薬づくりの難しさ

高い品質を維持するため、使用する原料を選択しています。また、使う人に優しい医薬品を提供するため医療現場のニーズを取り上げながら製品化につなげています。