中期経営計画

グローバルで、一流の、独自性のある、面白い、高付加価値な医薬品ビジネスに取り組み、国内外の医療に携わる人々・健康を願う人をはじめ、全てのステークホルダーとわたしたちFuji Pharmaグループとの大きな信頼と、感動と、伝説と、共感と、親しみを築いてまいります。

基本方針

一人ひとりと会社と製品のブランド戦略を強力に推進
人が大好き風土×リーダー育成プラン、生産性・資本収益性引上げ、特化領域での顧客価値の最大化を推し進めます。

ブランド薬を中心にする新たなステージと体制を構築
ブランド薬を中心に事業計画&戦略の組み立て、会社全機能の刷新、事業運営体制の再構築に取り組みます。

グローバルなFuji Pharmaグループの事業展開を実現
OLIC(Thailand)Limitedを起点に主力製品の海外市場への展開、海外企業とのアライアンス戦略の具体化、Sustainable Leading CMO in APACを図ります。

CMO:製造受託事業(Contract Manufacturing Organization)
APAC:アジア太平洋地域(Asia Pacific)

当社におけるブランド薬とは、「新薬」、「他社から承継するブランドジェネリック」、「バイオシミラー」を指しております。

成長戦略

戦略領域におけるブランド×ジェネリック×CMOの独自相乗発展モデルの構築

海外事業展開を加速

OLIC社を起点にグローバルで新たな事業展開を実現します。

CMO:製造受託事業(Contract Manufacturing Organization)
APAC:アジア太平洋地域(Asia Pacific)

数値目標

2015年の売上は、連結で320億円を見込んでおります。
経常利益35億円、当期純利益22億円、総資産経常利益率7.3%の達成を目指します。

・売上の継続的成長と利益率の回復
・長期成長を支える積極的な研究開発への投資
・コスト効率向上への継続的な取り組みを実施

経営理念を軸に、「わたしたち自身の成長」「人々の健やかな生活に貢献」のさらなる実現に向けて、グローバルで高付加価値な医薬品ビジネスに積極的に取り組んでまいります。

成長投資と株主還元方針